自己紹介

元大手企業サラリーマンくまごろうの独立人生

picture

はじめまして「くまごろう」こと、飯村直也と申します。
こちらのページをご覧いただきありがとうございます!

さて、少し長文になりますが、以下自己紹介となります。

1975年生まれの兎年 今年で39歳になります。
故郷は北海道小樽市、実家は札幌にあります。
血液型はA型 社会にもまれて、適当な性格になってしまったと言われます。。
身長176cm 体重88Kg
現在ジム通いするも、ダイエット奮戦中!
東京の潮見という倉庫街と住宅街が混ざったようなところに住んでいます。

働き者の妻がいます。

現在は、某大手通販サイト運営会社の物流部門に所属しながら、3月末で退社し独立個人事業主です。

今は、自分の幸せを追い求めるために事業拡大に奮戦中!
人に話すと落ち着きないっすねっと言われますが、
『いいんです!』(ジョン・カビラ風)

そして、私は、今年は勝負の年、年末まで独立目指しています。
2014年3月に無事独立というスタートラインに立つことが出来ました。

頑張っていきます。
皆さん、どうぞよろしくお願いします。

簡単にこれまでの生い立ちを。

  • 1975年:北海道小樽市生まれ
  • 父親の転勤により群馬県太田市に引越し、高校まで過ごす
  • 1994年:大学は故郷北海道へ
  • 1998年:一時公務員を志すも、大手IT企業サラリーマンとして上京
  • 2000年:社会人2年目に競馬投資法にはまり借金200万円を抱え込む
  • 2002年:およそ2年で完済
  • 2003年:保険の営業マンからネットワークビジネスが伝わってくる
  • 2004年:大手IT企業を退職、メッセンジャー(自転車便)に転職
  • 2005年:あっという間に貯金200万円を使い果たし、サラ金に手を出す
  • 2005年:ネットワークビジネスも成功せず、借金300万円を抱え込み、失意のうちに任意整理
  • 2005年:同時にサラリーマンに復帰。外資系企業に就職。
  • 2009年:借金完済&結婚
  • 2010年:現職物流会社に転職
  • 2013年:年初、今の環境に疑問を感じ、インターネットビジネスに関心を持つ
  • 2013年6月:DVDせどりを開始。利益7,000円
  • 2013年7月:DVDせどり2ヶ月目。利益25,000円
  • 2013年8月:DVDせどり3ヶ月目。利益66,000円
  • 2013年9月:DVDせどり4ヶ月目。利益41,000円
  • 2013年10月:DVDせどり5ヶ月目。利益9,000円
  • 2013年11月:せどり6ヶ月目。利益74,000円
  • 2013年12月:せどり7ヶ月目。利益198,000円
  • 2014年1月:せどり8ヶ月目。利益317,000円
  • 2014年2月:せどり9ヶ月目。利益283,000円
  • 今に至る(計16年東京に住んでいる)

波瀾万丈~w

こうやって、自分の人生を振り返ってみると、私はサラリーマンに向いてない、何か自分で新しいこと、商売をやりたい性質があると言わざるを得ません。。
美容室のお兄さんにも「落ち着きないっすね~」って言われました(笑)

くまごろうの出身地

生まれは北海道小樽市です。

坂と明治時代の金融街の面影が好きで、夏休みに帰省するのが本当に楽しみでした。

父は小樽市緑町という都市部に住んでいたのですが、母の実家は忍路(おしょろ)という日本海を望む田舎にあり、本当に海が好きでよく遊びました。
緑町も近くに大きな公園があったりして、とても落ち着いた雰囲気が好きです。

いつか、というより近いうちに戻りたいですね。
そのためにビジネスを頑張っていきます。

くまごろうの幼少期

4歳ごろまで小樽にいたのですが、運送会社の社員だった父が転勤のため、内地である群馬県太田市に移住。
太田市は、最終的には高校卒業する18歳までの14年間お世話になった土地です。

アダ名は「イムちん」→「イム」

小学校低学年のときは、少しいじめられっこでしたが、小学校3年生から野球部に入り鍛えられたお陰でクラスメートとは楽しく過ごせました。
野球部では3番キャッチャーの超主力として、県大会3位まで行きました。
でも、監督もヒジョーに厳しく、グローブやバットで普通に殴られてましたね。
でも、普通でしたよ。厳しく指導してもらったおかげで野球も上手くなれたわけだし、非行にも走らなかったのだと思います。

お陰で6年生のときに『健康優良児』に選ばれました。

くまごろうの青年期

そのまま市立中学校へ。
監督が変わるとこうも変わるのか(弱くなる)ということを思い知らされました。
メンバーはほとんど変わってないのに、大会でも1回勝つかどうか。
指導者(先生)の力が弱く、不良?の巣窟のような場所。

ここで指導者とリーダーの重要性について何となく理解していたように思います。

そして、野球は上手くならず、徐々に受験勉強の方に移行していきます。

中1の秋に勉強にハマり、成績上位になり、
そのまま、地元の進学校へ進学。

完全に受験勉強モード。

「進学校」→「一流大学」→「一流企業(大企業)」→「幸せな人生」?

というような刷り込みがなされていきます。
でも、この考えはその当時は間違っていなかったと思います。
まだバブルも弾けてませんでしたし、両親は忙しく働いていました。
私は一応部活(野球)は続けていましたが、時間のあるときは、
学校の自習室に篭もり、勉強。
何もないときは、1日10時間以上勉強してました。

結果的に、学校のなかで50番以内をキープし、
そのまま、国立大学(北海道大学)に進学。

ただ、ここがゴールになっちゃったんですね。
大学行って何するのか、わからなくなります。。。

(また)野球、バイト、ゲーム、時々授業という毎日。
しかも4年間。
なんという4年間!実り少ない!

3年の冬から就職活動。
「何が目標」→「結婚して幸せな生活をすること」
なんというノータリンな回答!
本当に企業面接時に言った言葉です。
もちろん、落ちました。

そんなことで揉まれながら
大手食品メーカー、大手ITメーカー、大手損保会社から内定をいただきました。

今も振り返ると食品メーカーが自分に合っていたのにな~と思います。
でも、当時Windows95のリリースなどで最も注目が集まっている業界に惹かれてしまい、大手IT企業(富●通、以下F社)に就職。

くまごろうの最初の仕事

IT企業の営業チームに配属されます。
お客様は農水省の外郭金融機関であり、
その当時F社にとって、超優良お客様であったため、
一営業部に部長含めて10名くらいの大所帯のチームでした。

しかし、F社はこの時期に猛烈に成長していたため、その当時の部長レベルは低く、
いつも髭そっているか、
PCでゲームをしているか、
外出している振りしてお茶しているか、
そんな人がマネージメントをしていました。

そんな会社で20年いたら、課長になれるんだなぁ~、
長いなぁとぼんやり考えていました。

くまごろうの挫折1

そんな漠然とした将来への不安により、何とかお金儲けをしたいと考えていたため、
投資競馬にはまっていきます。

その手法で最初は土日で約20万円を稼ぐことができました。
そこで負けていれば良かったのですが、勝ってしまったために
この勝ちイメージにとらわれてしまい、
資金が足りないところは消費者金融から借りてしまいます。
完全に負けギャンブラーの思考。

最終的に約200万円の借金を作り、支払にも滞ってしまい、
会社の上司に相談し、労組経由で労金の目的ローンに借り換え、
2年間で完済します。

ここで、完全に出世アウトですよね。

くまごろうの挫折2

30歳のとき、借金返済して、貯金もできてきた頃、保険の営業マンから
ネットワークビジネスが伝わってきます。
商品買いまくり、会社を退職し、しかしビジネスはうまく行かず、
2度めの挫折。
任意整理

本当につらい時期でした。
「死ねば楽になるかな」
なんてことも考えたこともありました。

ただ、そんなとき、当時同棲していた現在の妻が支えてくれました。
本当に感謝しています。

くまごろうの捲土重来

この2度の失敗を振り返ってみると、
くまごろうは、根本的にサラリーマン生活に満足できないので、
自分で稼いで自分の自由な人生を築きたいという思いが根底にあることに気づきます。

任意整理

という社会的な責任を一部放棄してしまった以上は大いに反省し、
キチンと責任を果たしてきました。

借金は約2年で返済し、サラリーマンとして成功しようと努力します。

借金は返済しましたが、サラリーマンとしての成功については、
あっさり壁にぶち当たります。

弊社物流部門は昨年夏に経営陣が入れ替わり、
どんどん外部から社員を登用しまくっています。

確実に、既存の社員を信用していません。
そんな会社で出世が望めるでしょうか?→無理です。

じゃあ、北海道支社への移動を願い出ますか?
でも私の歳になると、ポストがないと異動は難しいでしょう。

では、転職しますか?
先程述べたように、北海道は最も厳しい経済環境です。
現状の経済レベルを維持することはとても厳しいことです。
でも、覚悟を決めれば可能でしょう。

ネットビジネスを本気で始めたきっかけ

しかし、その覚悟があるならば、自分でビジネスをして、
収入と時間と住む場所を得られるんじゃないか?

冒頭にお話したとおり、私の故郷は北海道小樽市です。
30歳を超えたあたりから、故郷の大切さが非常に身にしみてきたことと、
両親の面倒も見ていくことも視野に入れて行かなくてはならない

ということを真剣に考えていました。

また、嫁の両親は栃木県宇都宮市で運送業を営んでいます。
義母は股関節の手術をして、リハビリをするなど、
ケアが必要な年代になってきました

サラリーマンだからと言って、ずーっと東京に居続けるわけには
いかないなと考えました。

よって、今年(2013年)1月に考えたプランはこうです。

今年1年でネットビジネス環境を構築して独立の準備をする

まず半年間で自分が取り組むビジネスを検討しました。
真剣でしたので、教材を買って勉強、塾にも入りました。
これまでの投資は50万円はいっていると思います。
FX、バイナリーオプション、サイトアフィリエイト、トレンドアフィリ、PPCアフィリエイト、物販(新品輸入、クラシックカメラ輸入販売、せどり)・・・もちろん全部ではありませんが、自分に合うものを模索しました。

結果として、昨年12月から月給並みの収入を生み出すことができるようになりました。
2014年1月最初の出社日に会社に退社に意を伝えました。
2014年3月末が退社日です。このまま突っ走ろうと思います。

もし、みなさんが今の生活に満足せず、新しいビジネスを開始し、
人生を良くしたいという方は、こちらから遠慮なくメールしてください。
私は、あなたの少し先を走っていますので、
あなたを引っ張っていくことが可能ですし、近い悩みもわかるつもりです。

私がハッキリキッパリあなたの悩みにお答えします。
入力フォームはこの記事の一番下に設置しました。

メルマガへの登録

もし、私について興味が湧いてきた方はこちらからメルマガへ
登録してみてください。
濃い内容のメルマガを発信していきます。

もちろん、いつでも解除可能ですので、お気軽に!

飯村直也のネットビジネス略歴

  • 2013年3月:夢リタ塾4期生としてネットビジネスに参入
  • 2013年3月:輸入ビジネス(新品、クラシックカメラ)開始
  • 2013年6月:DVDせどりを開始
  • 2013年11月:せどりスクール入校
  • 2013年12月:月商100万円突破
  • 2014年1月:月収30万円突破
  • 2014年3月:Amazon輸出に取り組み開始

↓物販(輸入、せどり)実績の状況は以下の表のとおりです。
[table id=4 /]

くまごろうの趣味

野球
小学校3年からずーっと続けています。
今でも草野球してます。(ただし、今年は独立のために封印)

自転車(ロードサイクル)
F社を退職した後、半年間メッセンジャーをしていました。
そこから自転車に乗ることの楽しさに惹かれてしまいました。

温泉めぐり
故郷北海道の温泉に行くのが大好きです。
北海道にはニセコ、富良野、洞爺湖、その他多くの温泉地があります。
まだまだ行き足りないです。
でも、東京にサラリーマンしていたら、この趣味は夢のままです。

くまごろうの好きな本

  • 竜馬がゆく
  • 坂の上の雲
  • 7つの習慣

くまごろうの好きなことば

  • 「反応は自分で選べる」
  • 「主体性を発揮する」

くまごろうの持っている資格

  • 普通免許
  • TOEIC825点

くまごろうの起業の目的

社会により多くの価値を提供することにより、

不必要な人間関係を解消し

誰に媚びを売ることなく
自分の稼ぎは自由に稼ぐことができ

自分の好きな場所に住み

家族を何不自由なく養うことができ

健康的な生活をし

家族と自分が幸せな人生を全うすること

みなさん、ぜひ今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2014年吉日 くまごろう

>>くまごろうがビジネスを行う理由へ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です