ビジネスを行う目的

ビジネスへの思い

私はプロフィールで述べたように、
北海道出身
一人っ子
夫婦ともに両親の面倒を見る必要

があります。

今までのサラリーマンであれば、経済成長時代の中、
会社に所属していれば、ある年齢まで収入も上がっていき、
親への仕送りや子供の学費もまかなえるでしょう。
もしかしたら、会社が地元(私の場合、北海道)にポストを
用意してくれたかもしれません。

しかし、今の時代はどうでしょう。
平均年収は平成9年を境に下り坂の一途となっており、
非正規雇用の割合は平成15年に50%を超え、今も伸び続けています。

そもそも、生活のために嫌いな上司、嫌な客と付き合い
他人が犯した失敗の尻ぬぐいをしていく
ことがいいのでしょうか?

生活費を捻出するために毎日2時間かけて通勤することがいいのでしょうか?

本当に会社に人生を預けていいのでしょうか?

私は、入社当時からずーっと疑問に感じて生きてきたように思います。

ネットビジネスを真剣に考えた転換点

そんな折、2013年前職の社長が交代し、会社の方針が一転しました。
それまで、私は既存のお客様のために、新たなサービスをリリースできるように
社内と調整して、お客様の期待に応えてきました。

しかし、その新社長は
「全リソース(ヒト、モノ、カネ)を新サービスに振り向ける。既存顧客へのサービス開発は一切するな!」
と宣言したのです。

私は、この発言を疑い、「そうは言うものの、お客様のために対応するに違いない」
と思い、これまでどおり、社内調整を行おうとしたところ、
「お上が決めたことが守らねばならん」、という社内約束が当然ながら支配してしまい、
それ以降、既存顧客への新プロジェクトは一切進まなくなります。

また、一方で社外からの社員登用が活発化し、社長の大学の後輩にあたる人が
私の上司に就任しました。

しかし、彼は私の大切なお客様に向きあうことなく、逃げまわり、
最終的に部署自体が消滅する事態までになります。

この時、私は、「もう、会社に左右される人生は辞めよう」と強く誓ったのを覚えています。

これが2013年1月のことです。

私が目指すビジネス

起業とは、「人間関係のプレッシャーからの開放」とある方が言っていました。

人間関係から逃げるのか?と言われるかもしれません。
いいえ、そうではなく、他者から与えられる意味のない・煩わしい人間関係を忌み嫌うだけです。

一から事業を自分で構築し、私とともに成長ができる人間と共に
事業を大きくしていきたいと思っています。

私は、ただお金儲けをしたいのではありません。
私だけでなく、仲間と一緒に成長し、その過程でお金が増えているということが目標です。
人生が楽しくなるようなお金の稼ぎ方をしたいと思います。

知り合いの年商10億円の社長さんがいい事言っていました。

「ビジネスとは感謝を集めること」
つまり、お金は感謝の対価としてお客様から頂戴するもの
ということです。

裏を返すと、お金儲けが嫌い=人からの感謝を受け取ることが嫌い
ということになり、何かおかしなことになってしまいますね。
つまり、「お金儲けがNG」という論理は矛盾していることを証明しているわけです。
もちろん、人を騙して金儲けをすることは完全NGです。

その先の世界

以下に示すのは私の課題がこんな風に解消する、夢が実現する、ということをイメージしたものです。
みなさんも、自分の今抱えている課題がお金で解消できるのであれば、その場面を
イメージしてみることをおすすめします。
せっかく、この世に生を与えられたのですから。

くまごろうの実現する夢

  • 札幌・宇都宮に事務所を開設する
  • 双方の移動は出張扱いで仕入れツアーを兼務する
  • (常識の範囲で)値段を気にせず美味しいものを食べる
  • 社用車は日産リーフで家庭用バッテリーを兼務
  • 親の近くで、ビジネスを展開している
  • サラリーマン時代の2倍以上の収入を得ている
  • 雇用を創出し地域社会に貢献している
  • ビジネス成功要因を伝えることにより、多くの方の役に立っている
  • 曜日を気にせず仕事をすることができる
  • ビジネスを国内小売から世界的な小売業務へ拡張している
  • クレジットカードで仕入れることによりマイルが異常に貯まる
  • そのマイルを使って世界旅行
  • 両親に日本各地の温泉旅行をプレゼント
  • 子供に好きな教育を選ばせることができる
  • 子供には世界各国を見てほしい
  • ツール・ド・フランスを現地観戦(フランス仕入れツアーと兼務)
  • 甲子園春夏ともに、現地全試合観戦(関西地区仕入れツアー兼務)
  • アメリカでNBAをコートサイドで観戦(アメリカ仕入れツアー兼務)
  • たくさんの仲間と頑張って、独立し、時間とお金から自由になる
  • その仲間たちと更にビジネスを発展させる

まだまだ出てきそうですが、ここで止めておきます。
ネットワークビジネスをやり始めた頃、無理やり書いたことがありましたが、
その時は、全く実感ありませんでした。

しかし、今回はものすごく近いものに感じています。

給料・年金以外に収入が増える意味

ネットビジネスで月間5,000円以上の収入を得ている人の割合は5%とも言われています。
しかし、実践してみるとそんな難しいことではないことは明白です。
だって、私でも出来ていますので。

給料・年金以外に収入が確保できると、

  • 会社や国に対する依存度が減っていきます。
  • 行動の中心が、自分と家族になっていきます。
  • 幸せが近づいてきます。(と私は信じています)

独立起業とは自分の人生に責任を持ち、自由を手にすることです。

ぜひみなさんも一緒に頑張りましょう!

>>一方で日本の政治経済の現状は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です