カメラ転売ネット・ヤフオク仕入れ【実践講座:第ニ回】

さて、前回はカメラ転売実践講座として
リアル店舗仕入れについてお伝えしました。

カメラ転売実践講座【第一回】リアル仕入れ編

結構ノウハウもてんこ盛りで

カメラ転売実践者として、
ネットビジネスを実践する者として
本音トークさせていただきました。

もし、まだ読んでないって方は、
確認しておいてくださいね。

 

さて、
今回はネット仕入れ編ということで
お話をしていきます。

 

ネット仕入れと言っても、ヤフオク、
ネットショップなど見るべきところは
多数ありますね。

 

ネットショップ仕入れ

まずは、ネットショップ仕入れです。
ネットショップの代表格としては

 

【カメラ専門店】

  • カメラのキタムラ
  • マップカメラ
  • トップカメラ
  • フジヤカメラ

 

【中古ショップ】

  • コメ兵
  • ハードオフ

とあります。

 

カメラ専門店の攻略法は
ほぼリアル店舗仕入れと同じです。

状態が少し悪いランクを中心に
狙っていくことです。

 

カメラのキタムラネットショップ攻略

カメラのキタムラは、購入処理ではなく
好きな店舗へ取り置きが可能です。

 

最大10商品だったと思いますが、
安そうな商品があれば、即効で取り置き
しておいてください。

 

たとえ状態が悪くて
仕入れに見合わない場合でも
店舗でキャンセル可能です。

手数料も特にかかりません。

 

フジヤカメラネットショップ攻略

フジヤカメラについては、
朝時点のホームページをチェックして
買えそうだったら、

10時の開店と同時に電話してください。

 

現場にいるリアルバイヤーとの
争奪戦をすることができます。

 

でも、

やはり現場にいるバイヤーのほうが
行動が早いので、基本的に安い商品は
バイヤーに取れらます。

 

しかし、ここで諦めないでくださいね。

 

あなたが高値売りが得意であれば、
30分くらいたってから再度電話を
してみてください。

 

商品を取り置いたポンコツバイヤーが
商品をリリースしている可能性があります。

 

そのスキを逃さないでくださいね。

 

その他のネットショップ攻略

トップカメラは名古屋にある
中古カメラ屋です。

 

結構品揃えが豊富なのと、
場所柄リアルバイヤーが少ないので、
ネットでも仕入れることが可能です。

 

あと、中古ショップ系であれば、

ジャンクでも積極的に仕入れるということ。

 

理由は、店員が動作確認できないため、

フィルム系カメラはジャンク扱いで
安値で出品されていることが多いためです。

 

ヤフオク仕入れ

次に大御所、ヤフオク仕入れです。

最近では
上記のショップもヤフオクに登場していて、
オークションの性質上、
安値で落札されることも多いです。

ただ、消費税が別途かかりますので、
その点は仕入れ時に注意が必要です。

で、ヤフオクの具体的なノウハウですが、
多くのカメラ転売コンサルや塾では、
価格5000円以上、終了間近順にならべて
全部リサーチしなさい、といいます。

しかし、こんなことやっていたら、
いくら時間があっても足りません。

 

そんな稼げない情報では本当に一部の
努力家しか稼ぐことはできません。

 

しかし、
このメルマガを読んでいただいてる方には
包み隠さず有益な情報をお届けしたいので、
全部暴露しちゃいます!

 

  • 転売屋を避ける
  • とりあえず入札予約を入れておく
  • 自動延長なしを狙う
  • ライバルの寝ている時間帯を狙う

 

これらをやるだけで、
利益が出る確率はグンと上がります。

 

転売屋を避ける

これは必然ですね。

極美品などの装飾語句が入っている商品は
いの一番に避けたほうがいいです。

特に写真がキレイな商品です。

転売屋である確率が100%なので、
放置しておいてください。

時間の無駄ですので。

ただ、

白バックでも写真の構図が
整ってなかったり、
汚い写真も混ざっている場合は、

ポンコツセラーの可能性が高いので、
とりあえず入札予約しておいてください。

 

安く仕入れられる可能性が高いです。

 

理由は単純に
白バックだから入札しないと教えられた人は
その商品に見向きもしないので、
ライバルが非常に少なく事があるためです。

 

しかし、
出品取り消しをされる可能性も高いので
その認識の上で入札する必要があります。

 

とりあえず入札予約を入れておく

 

まだ利益が出そうであれば、
オークファンの自動入札をかけておきましょう。

そして、放置しておく。

10個に1,2個落とせていたらラッキーです。

 

早めに価格が上昇して
入札が集まる商品を見たときに、

  • ライバル多いから見逃すか
  • ダメ元で入札入れておくか

の差です。
カメラ転売は仕入れがないと
売ることができないので、
仕入れが1個でも多くできたほうが良いわけです。
多数派は入札しない、を選ぶのであれば、
あなたは入札するを選びましょう。
常に多数派と逆の思考をしていきましょう。

 

自動延長なしを狙う

 

自動延長なしの商品が出てくると、
終了時間内でガチンコ勝負ができます。

 

ダラダラと相場が上がることはありません。

 

この商品を見つけたら、絶対に入札すること。

 

ただ、このノウハウのネックは、
イチイチ商品ページを見ないと
延長有り無しがわからないことですね。

 

ライバルの寝ている時間帯を狙う

 

一般的にゴールデンタイムと呼ばれる
19時~22時台は一般入札者やバイヤーが
多いために相場が上がりやすいです。

 

あえて、この時間帯を捨てるというのも
ひとつの戦略となります。

 

なので、23時以降、翌日昼間、夕方だけ
リサーチをかけるというのもありです。

 

ただし、このゴールデンタイムにも
美味しいポンコツバイヤーが潜んでいる
可能性もありますので、そこをどうするか
という観点も必要になりますね。

 

 

とにかく物量をこなして自分の相場観を養う

 

こうやってノウハウを公開しても、
やはり作業量はそれなりにありますので、
やり続けられるのは一部の方かなと思います。

 

ただ、そう言われると、

少数派に入るために頑張ってみるぜ!

ってなりますよね。

 

徐々に力がつき、
時間も短縮していくことは間違いないです。

 

 

改めてカメラ転売で最も重要なのは”仕入れ”

 

カメラ転売で稼ぐキモは何と言っても
仕入れのリサーチです。

 

それをしっかりやりさえすれば、
成果が出るのは間違いありません

 

でも、自分の感覚や適当な指導のもとで
やっていては、利益につながりませんし、
時間も大幅にロスします。

 

そこを意識しながら、今回の記事を
見直してみてください。

 

成果が出やすいカメラ転売マニュアルをどうぞ

今回の内容も含めて、カメラ転売の具体的なやり方や、
カメラ転売の他のビジネスと比較した優位性についても
動画で話をしています。

何度も見て自分の潜在意識を書き換えてください。
そして、あなたが成功するイメージを養いましょう。

なぜカメラ転売が優位なのか、具体的な仕入れや出品方法、
お客様のやり取りなど、トータル500分の動画となっています。

これだけでしっかり実践すれば月10万円は可能です。

「実践、経験値を上げること」を
ひたすら積み重ねれば稼げます。

ぜひこのノウハウを手に入れてください。

コメントは受け付けていません。