カメラ転売と医者弁護士との比較

サラリーマンやっていると、医者とか弁護士を羨ましいと思いますが、
結構ハードルの高い、リスクの高い仕事であることが分かります。

医者は投資金額が2000万円〜5000万円がザラです。

私大になるともっとかかりますし、更に時間が問題です。

フツーに下積みだけで、6年間とかを必要とします。

その結果が、年収2000万円とかです。

もちろん、それ以上も狙えますが。

 

一方、弁護士は方針が変わり最近では大量生産されており、
有利な職業ということではなくなりました。

投資金額9百万円、と7年間を要します。

期待年収は約1200万円です。

 

どちらにしても尋常でないお金と時間がかかります。

その結果が、年収1200万円〜2000万円くらいです。

まー、普通のサラリーマンからすれば憧れです。

 

しかしながら、起業家からすると「それだけ?」というレベルです。

逆に起業家で年収1000万円程度は少ないレベル

投資金額も固い案件でしっかりやれば、ほとんどかかりませんし、
稼ぎながら勉強するのが基本的な行動となるので、これほど手堅い職業はないです。

 

また、そのなかでも固いビジネスである
カメラ転売ビジネスについて、具体的なノウハウも語っている、
有料級レポートはこちらからダウンロードです。

→ http://kuma8088.com/lp/cameralp/

 

ではどうぞ。

コメントは受け付けていません。