指導者と基準値

おはようございます!
くまごろうこと、飯村直也です。

昨日、せどりの師匠モーリーこと、
守岡さんがFacebookで進撃の巨人13巻について
書かれていたので、思わず買ってしまったw

ストーリーは途中からトンデモな方向に
行ってしまって、内容は実際のコミックを
読んでいただきたいのですが、

内容的には結構重いのですが、
合間合間に入ってくるユーモアの折込方が
本当にうまいと思います。

その代表的な例がサシャ・ブラウスです。

25843990_480x270

別名「芋女」

ストーリー序盤での訓練学校の自己紹介の
場面は傑作です。
ぜひ見てみてください!

さて、私は物販で幾ばくかの売上・利益を
生み出すことができた、まだひよっこの段階
なので、ネットビジネス業界の先駆者に
まだまだ学ぶことがたくさんあると
当然ながら思っています。

その一人が小玉さんです。

彼のネットビジネスゴールデンクラブという
半年間のスクールに参加しているのですが、
本当に勉強になります、
というより刺激がものすごいです。

3つの刺激!!!

1.小玉さんから直接指導される
2.小玉さんのメンター生、
  その他ネットビジネスで
  大きく稼いでいるメンバーが多数
3.これから始める人も毎月報告会で
  着実に成長していて負けらんない

当初このクラブの参加者は200名近くで、
ものすごい参加者だったのが、
今では、70名程度までアクティブ参加者が
激減しているということ。

幸い私は70名のなかのひとりなのですが、
本当にこの環境に感謝しているし、
あと、3ヶ月間この環境で学ばせてもらう
ことを必死にやっていこうと思うわけです。

次に羽田さん

この4月からは彼にビジネスを学びます。
というより、すでに学んでいる状態です。

ネットを使った集客とセールスの仕方、
無料登録では考えられないコンテンツを
提供されていて、その流れでマジモンの
ビジネスマンに学びたいという意欲から
彼のスクールで学びます。

小玉さんも、羽田さんも共通しているのは
本当にスクール生を稼がせようとしている
ということが、ものすごく見えること。

そして何より基準値が高い。

「本当にネットで稼ぐためには」

という前提に立っていて、
主張は首尾一貫していて、
求めるレベルも非常に高い。

でもそれは当然でしょう。

私もこの前までサラリーマンだったので、
わかるのですが、サラリーマンは自分が
お客様からの支払ったお金で生活をしている
ことの認識が薄いです。
しかも、そのサービスはあなたが開発した
ものでないことが多いのに、我が物顔で
この給料をもらうのは当然と思っている。

一方で独立すると、一気にその砂上の楼閣が
崩れるわけです。

ていうか、サラリーマン感覚で独立すると
絶対失敗します。

なぜなら自分がお客様からお金をいただける
レベルにないことに気づいていないから。

「簡単に100万円」とか
「1日5分で50万円」とか
そういう言葉に踊らされて、
ビジネスを甘く見すぎているよ、大抵は。

「お客様からお金をいただくこと」

ここにフォーカスを当てて、
どのレベルであれば、自分は自分のサービスに
お金を払うのか、というのを突き詰める。

そこを正しい指導者から教わっていきます。

さて、相変わらずのマインド論でしたので、
実践編の報告します!

【eBayにLimit交渉してみた】

eBayUSに電話でリミット交渉してみた。



撃沈(泣)

まず、ネイティブ英語が全くついていけない。
4年前までは仕事で英語使ってたから、
ちょっと舐めてました。。。

あと、リミット交渉の条件を理解してない。
SAATSっていう輸出入のコミュニティに
参加していて、そのサポートさんから
「評価は少しでもあれば交渉できる」と
聞いたのですが、蓋を開けてみると、

・Wait up to 90 days after the first sale
・Get more than 10 Feedbacks for sale
・Link PayPal account

最初の販売から90日間待つこと、
販売者として10以上の評価をもらうこと、
Paypalアカウントとリンクすること。

3つ目は完了していたのですが、
1,2が想定外っていうかeBay固いなっていう
印象を得ました。

もし、これからリミット交渉する方は
参考にしてみてください。

では本日は以上です!

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

良い週末を!!!

飯村直也

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です