実質的に貧乏になります。。。

実質的に貧乏になる可能性がありますが、、、

いきなり言われたらドキッとしますよね。

でも、アベノミクスによる日銀バズーカにより、
円安が異常なスピードで進んでいます。

 

この円安、、、

一般的には企業の景気を押し上げると言われていますが、
多くの場合は、逆効果をもたらします。

 

つまり、多くの方は

『実質的に貧乏になる可能性』

が高まっているわけです。

どういうことか。

日本で提供されている商品(サービス以外)は、
基本的には輸入することによって、提供されています。

海外の食べ物をはじめ、
海外ブランドの商品
ユニクロなどの格安アパレル
ニトリなどの格安家具

などは『輸入されています』ということが
明示または、広く知れ渡っているので、
わかりやすいのですが、

日本の中小企業が提供している商品も
実は、部品は海外製で輸入して組み立てて
自社ブランドで販売している場合は、
原価が大きく跳ね上がる可能性があります。

それがどの範囲か正直分かりません。

でも、確実に半年後は物価は上がってくるでしょう。

 

消費者の立場から、
『そんな馬鹿な!』と思うかもしれませんが、

企業経営者も社員を食わせていくのに必死です。

これまでの不況を乗り越えて、不要な経費は
絞るところまで絞ってきていることを想像すると、
もはや『価格転嫁』は時間の問題です。

一方で、消費者はどうか?

私は2つの行動パターンにわかれると思っています。

まず最初は、『変化しないことを選んだ人たち』

来月のお給料が5%上がりますか?
多くの方は難しいでしょう。

そうすると、結果として

『買えないもの』が増えてきます。
生活レベルを落とさざるを得なくなってきます。

変えないことを選択したことによって、
生活レベルを落とすという変化を受け入れるわけです。

次に、『この難局を乗り越えようと行動した人たち』

前者と対極的に、自ら行動して収入を増やす努力をする。

自分のため、家族のため。

もしかしたら、もっと大きな目標のために。

今の収入にプラスの収入ができます。

今の家族の満足度を維持できます。
もしかしたら、満足度を向上することができるでしょう。

自らの変化を積極的に受け入れ、外的変化を乗り切る。

なんかすごく抽象的になってしまいましたが、
ここを理解できる方はかなり頭がよく、
経済や政治がどうなろうが、その波を乗り越えて行けます。

現在の経済状況を正しく捉えて

『実質的に貧乏になる』という予想に対して、

どう抗うか

何もしなければ飲み込まれるだけです。

 

賢明な方は既にビジネスを始めています。

ぜひ下のカメラ転売教材をスタートさせてください。

【完全無料】基礎から学べるカメラ転売教材

カメラ転売のビジネスの優位性や具体的なやり方を詳しく解説しています。
これだけでしっかり実践すれば月10万円は可能です。
「実践、経験値を上げること」をひたすら積み重ねれば稼げます。
あなたが人生を切り開きたいならば、下記マニュアルを手にとって見てください。

コメントは受け付けていません。