変化を避けるか、受容するか

せどり風神販売者で、次世代起業家セミナー開催者の加藤将太さんは、
私が最も敬意を払う起業家の一人です。

彼のFacebookエントリーより。
【公務員も安定してるけど、起業も安定している。。】

某メルマガによれば、今のトレンドは
「公務員」で「冒険しないこと」だそうな。

それで、「起業」や「旅行・冒険」は「リスクが多く、めんどくさい」んだと。


ここで加藤さんは、
変化を避けて定時までじっとしている人生もいいけど、精神的につらい
一方で、変化を受容して起業していったほうが身体的には大変だけど、
精神的には楽しいですよ、ということを述べています。

確かに、よく理解できます。
私は公務員ではありませんが、定時まで帰れなかったり、
上司がいるから帰れなかったり
というサラリーマン特有の事情は未だに我慢ができません。

6月から起業活動(せどり)を本格化させて、
毎週末仕入れ行ったり、
写真とって出品作業したり、
FBA納品をしたり、
このブログのように情報発信したり、
結構たいへんであることは確かです。

しかし、言うほど疲れを感じないのは、精神的に充足されているからだと思います。
やっぱり一度しかない人生をおもいっきり行きたいですし、後悔したくありません。

会社に行って、やることなくなったら、帰りたくて仕方がありません。
ただ、そういうわけには行かないので、他の人の仕事などを手伝ったりして
「時間を潰す」ことになります。

確かに、サラリーマンは会社に行ってさえいれば、基本的に給料が振り込まれます。
安定していると言えるでしょう。
しかし、それは「会社が安定していれば」という前提がついていることを忘れないでください。
使えない社員が多い会社ほど、あっという間に傾いて、リストラが実行されます。

その時に何ができるか?
会社から放り出されても生きていけるスキルを身につけておくことが必須であることに疑いはないと思います。

現に、今月の私のせどり売上は順調で、既に前月の半分の利益が確定しています。
仕入れをしっかり頑張れば、売れる仕組みがあるので、「安定した」利益になることがわかってきました。

ぜひみなさんも一緒に頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です