売りたければ自分を鍛えろ

こんばんは、飯村です。
 
 
昨日の話の流れで思い出したのですが、
 
 
しかしながら、
アベノミクスで景気上昇なんて言われてますが、
 
「ホントかいな?」
 
と思うことが最近多々あります。
 
 
昨日の50歳で年収400万円サラリーマンの例もしかり、
先日こんな場面に遭遇しました。
 
 
我が家の近くのサブウェーでサンドを食べに行ったら、
僕のことをギョロッと見るサラリーマンがいるんです。
 
 
何だ!?と持って、僕が睨み返すと、下を向いてしまいました。
 
 
様子を見てみると、保険かなんかの営業で、
見た目全然ダメな感じ。
 
 
デブでハゲでスーツもシワシワ、靴もボロボロ。
 
 
アポが反故にされたんだな、と一瞬で分かりました。
 
 
まー、僕もハゲではなかったですが、
10年前に「任意整理」する前の3ヶ月間くらいは、
そんな感じだったのを思い出しました。
 
 
当時はナポレオン・ヒルの超高級商材を買って、
家帰ってから教材を一生懸命やるんですが、
潜在意識がそんな簡単に書き換わるわけはなく、
なんにも成果らしいものは出ていませんでした。
 
 
買えば何かが変わる、いや、変えてくれる。
そんな他力本願マインド。
 
 
派遣社員の僕でも一攫千金を得る大物になれる!
なんて脳みそがおかしくなってました 汗
 
 
そんなお花畑脳をあざ笑うかのように、
日に日に返済に追われるようになりました。
 
 
やはり、自己啓発の教材のローン負担が重く、
毎月6万円くらいを追加で払ってましたから、
ただでさえ、大手企業をやめて派遣社員を点々と
していた自分には重くのしかかりました。
 
 
その時の僕はスーツすら買う余裕がなく、
ついには10万円くらいした礼服をスーツ代わりにして、
(久々に暗黒時代を思い出してゾッとしてます)、
その礼服すら、ほぼ毎日来ていたのであっという間に
傷んで、穴が空くようになったんです。
 
 
あと、ストレス食いが激しかったので、
会社の近くの穴子天丼を毎日食べていて、
体重がものすごいことになってたんですね。
 
 
いやー、本当に悲惨でした。
その暗黒時代があったから、もうその時代には
戻りたくないし、ガンバレているんでしょうね。
 
 
で、何が言いたいかというと、
できる人間というのは、しっかり自分を鍛えているから、
見た目もしっかりしているし、かっこいいです。
 
 
やはり、デブとか服装を気にしないとかは、
過去の自分を振り返って、絶対に成功しないと思う。
 
 
何かを売るためには、
自分からほとばしる自信を出さなきゃダメだし、
そのためには日々の生活を制御して、
体を鍛えて、精神を鍛えて、
身だしなみもしっかりしていけば、
それだけで信頼を得られる要素が揃うわけですよ。
 
 
ランニング、筋トレは毎日しましょう。
 
 
最近、いろんな人と会うなかで、強くそう思う次第です。
 
 
ぜひあなたも今出来ていなくても、
これから変わっていけば、3ヶ月後、半年後、
人生は大きく変わっていきますよ。
 
 
そういう僕も本格的に運動を再開したのは、
昨年末ですからね。
 
 
僕のダメダメを見てもらって
あなたも自信を持って変わってください。
 
 
ではまた!

コメントは受け付けていません。