国内転売について

こんばんは、
くまごろうこと、飯村直也です。

いやー、今日はバタバタしてまして、
朝投稿できませんでした。
すみません!

本題に行く前にトピックが3つあります。

一つ目

昨日は嬉しい事がありました。

ここ最近始めたアメブロですが、
ありがたいことに、少しずつ読者さんが
増えてきています。

ある読者さんから
「陰ながら応援してます!」
という本当に温かい、嬉しいメッセージ
をいただきました。

この場を借りて再度御礼します。

ありがとうございます!!

そして、有益な情報発信を続けていきます!
今後ともよろしくお願いします!!

2つ目

本日は銀行さんと面談しました。
意外に突っ込まれました(汗)

しかも明日書きますが、物販中古をやる方は
非常に重要な情報をお伝えします。
私が今日経験したことを速報できる
この幸せ(笑)

しかし、物販を通して自分を変え、
そして、世の中を変えていきたいと
本当にその意気込みで、日々生きています。

その点を猛アピールして
なんとか融資ゲットしたいと思います!

3つ目

その銀行さんとの面談のあと、
秋葉原で前のせどりスクールで一緒だった方と
仕入れをしました。

「仕入れ」をしますと言いましたが、
正確には私は仕入れしません。
もとい、できません(汗)

なぜ、できないか。
それは、、、、

空いているカード枠がないためです。
今月頭に仕入れしすぎまして、
枠を使いきってしまいました(笑)

日曜日からは仕入れ再開できますが
それまでは我慢です。

では、なんで秋葉原に行くの?
ってことですが、本日同行する方から
ぜひ一緒に回ってほしいと
お願いされたからです。

その方の実際のビジネス状況は聞いてみないと
わからないですが、
主婦で小さなお子さんがいて
国内せどりをやり、かつては輸出もやっていた
と聞いたのでなかなか成果が出ていないくて
悩んでいるようでした。

今日したアドバイスとしては、
まず資金から作りませんか?
と伝えました。

その方は3月末でパートを辞められます。
月収8万円以上を稼ぎ出さなければ
ならないわけです。

しかし、現状そこまでの成績は出ていません。
やはり、カード支払いができるか怖くて
無在庫の輸出に流れているようでした。

なので、まず資金作り。
自己アフィリをしましょう。
そして資金ができたら、自己アフィリで
作ったカードを駆使して仕入れしましょう。
仕入れのタイミングの考え方も
正しく伝えました。
そしたら、「あーーー!」って言ってました。

資金繰りについて基本的なことなんですけど
やはり目先にとらわれて
できていませんでした。

その結果、仕入れができていない、
輸出で儲からない、という悪循環が
生まれてました。

これからも時々こえかけて行こうと思います。

さて、ここからが本題です。

昨日はビジネスのスタートアップ(立ち上げ)
に最適なのは「物販ですよ」って言いました。

物販で大きく仕分けると

1.国内転売(いわゆる「せどり」)
2.輸入転売
3.輸出転売

と3つに分けられます。
それぞれについて説明します。

1.国内転売(いわゆる「せどり」)

これも2つに分けましょう。

1-1.国内転売(新品)
1-2.国内転売(中古)

★1-1.新品

最も簡単に算入できます。

「新品で価格差があるものを仕入れて売る」

それだけです。
商品状態の説明も不要なので、
簡単に出品できます。

ということが超激戦のエリアになります。

ジャスコ、イトーヨーカドーなどの
スーパーで仕入れる「日常せどり」

メディア(CD・DVD・ゲーム)の
新古品(未開封品)

というところが代表的ですね。

先に話したように、
仕入れも出品もやり方が簡単ですので、
ここだけで儲けようとするのは
非常に難しいです。

いわゆるレッドオーシャンです。

「ついで」に仕入れるというのが
現状の位置づけですね、私の場合。

★1-2.中古

最もおすすめのジャンルです。
理由は3つあります。

1)中古にはニーズがある
2)流通量が限られている
3)差別化が図りやすい

それぞれ解説します。

1)中古にはニーズがある

もし、Amazonにある商品が
新品・中古で下記のように販売されていて

新品:10,000円
中古:7,000円(非常に良い)

あなたはどちらを選びますか?

もちろん、3,000円くらいの差だったら
断然新品だよ、という方もいるでしょう。

でも、2,3回見てすぐ売るから
3,000円安い中古にする、って方もいます。

今、中古を選ぶ人の割合が増えています。

理由は、、、

平均給与がどんどん下がっているからです。
つまり、給与がどんどん下がっているため
新品買わずに中古で済ませる風潮が
生まれているためです。

中古市場は伸びていってます。
参考までにみずほ総合研究所のレポートです。

【リユース市場の動向について】
http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/column/2010/reuse0909.html

つまり「中古市場」というのは
かなりしっかりしたビジネスエリアである
ということを認識してしましょう。

この流れはますます続くでしょう。

2)流通量が限られている

販売終了品
限定生産品
初回限定
会員限定

など、
流通量が限られている商品は多数あります。

これらのものは、
中古品といえども価値が高くなります。

つまり自分だけの出品者(ライバル)が少なく
儲かる商品を見つければ
何度も何度も販売できて、利益が取れます。

そういうものを見つけるとブルーオーシャン
にすることができます。

逆を言うと、出品者が多数いる商品を
仕入れてもなかなか売れない状態になります。

できるだけ、ニッチな方向に仕入れを
持って行くことが肝要です。

3)差別化がしやすい

文字数が大幅オーバーのため簡単に書きます。
また、後日詳しく書きますが

FBA出品者になること

も差別化ですし、

商品説明文を詳細に書く

も差別化ですし、

きれいな写真を掲載する
(Amazonは最近写真掲載できますよね)

も差別化ですし、

ヤフオク、楽オクに出品する

も差別化です。

要するに人と違う方向に持って行くと
差別化が図れ、販売頻度が増えます。
工夫の数を増やせば販売頻度は上がりやすい
といえますが、正確には検証が必要です。

ただ、

何も工夫せず、ただ仕入れて売るだけでは
お客さんからしたら、見栄えもしない
販売者から買いたいはずもありません。

ということで、まとめますと

★国内転売は中古をメイン、新品をサブ
 という形が理想

★差別化しよう

うわ、まとめるとこんだけ?
はい、長々と失礼しました。

また明日もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です