初期ビジネスに最適なもの

私は実際のところまだ退職まで3週間弱あるのですが、
すでに有給休暇期間に入っています。

ただ、スタートが大事だと思っていますので、
これまでと同様朝6時半には起床して、出社します。

どこに?と思われますよね。

ノートPC持って八重洲のマックに出社します(笑)

でも、これ冗談ではなく、オン・オフの切り替え
重要だと思っていますので、絶対にやるべきです。

どうしても家でやらなければならない作業などは
自宅でやりますが、朝イチのリフレッシュされた状態で
いろいろとクリエイティブなことをやるには
場所を変えることをオススメします。

で、このマックで気づいたことですが、
ここのマックは2階建てになってまして

・1階は30名くらいのスペース(基本は店舗スペース)
・2階は完全客席で100名くらいは滞在できる
・1階、2階それぞれにトイレがあります。

という構造になっています。

私は最初から今日までほとんど2階のコンセント席で
いろいろと作業をやっていたのですが、
どうしてもお腹が痛くなってきたので、
トイレに行きました。

で、どっちに行ったと思います?

文字にすると明確になるのですが、
より競合を避けるには1階がいいですよね。

当然です、ライバル1/3ですから。
ブルー・オーシャンっす。

私もそう考えたので1階に行く途中、
「もしかしたら」と思って、2階のトイレを
覗いてみましたが、人が並んでました!
まさにレッドオーシャン。

マジかってことで、1階に行ったところ「空き」です。

どう思いますか?
そりゃ当然の結果です。

でも、ことビジネスについて考えてみると
この冷静な判断ができなくなります。

どういうことかというと、
混みあったライバルひしめき合う環境で
なんとか儲けようと努力するわけです。
いわゆるレッドオーシャン。

でも、そこから少しズラすだけでブルー・オーシャンが
あるんです。事実です。大事です。
その点は追々話していきたいと思います。

冒頭ですでに900文字近くを費やしてしましたが、
非常に大事なことだと思ったので書きました。

さて、本題です。(笑)

前回の記事で、

何か自分でビジネスを始めることが大事です
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
と申し上げました。

改めて言いますが、本当に大事です。
政府、会社に完全に身を委ねてしまうと
ハシゴを外されてしまった瞬間に露頭に迷います。

では何をやるか。

あの、まず最初に言っておくことがあります。

「簡単に儲かるビジネスはない!」
っつうことです。

よくセールスページに書いてある
「3クリックで100万円」
「寝てても100万円」
「買い物ついでに儲かる」
みたいな情報弱者狙いの文言に食いつかないでくださいね!

そういう私もそんな文言で失ったお金は
数十万円になります。
本当に笑えないです(笑)

ビジネス立ち上げ成功の速度・確率が一番高い
キングオブ起業術は「物販」をやるということです。

物販とは、国内転売、輸入、輸出、海外転売など
様々あります。

なぜ物販か、説明します。
物販のメリットは大きく5つあります。

1.既にモノに価値があるので販売しやすい
2.販売する環境が整っている
3.即金性が高い
4.初期資金が低い
5.インターネット特有の専門知識が比較的必要ない

1.既にモノに価値があるので販売しやすい

  アフィリと違って、自分の実績云々関係ないです。
  商品そのものに価値があります。
  特に中古品などの一部はコレクターになり、
  勝手に相場が上がっています。
  その商品を探してあげて、
  欲しい人にインターネット経由で提供する。
  そういうビジネスです。

2.販売する環境が整っている

  御存知の通り、天下のアマゾンさんがいます。
  アマゾンはFBA(商品管理・発送サービス)によって
  多くの販売者(セラー)さんを取り込んでいます。
  もともとビジネスマンが配送速度の早さから、
  利用することが多かったのですが、それ以外にも
  ブランディングもうまく「アマゾン芸人」なる人を
  経由して多くの日本人に馴染みのサイトになっています。

  その他にヤフオク、楽天、モバオクなど多くの優良な
  インターネットモールが存在しますので、
  それらに出品するだけである程度のものを
  販売することができるというわけです。

3.即金性が高い

  アマゾンの小口アカウントであれば、
  いつでも出金の依頼ができ、
  1週間以内に口座に振り込まれます。
  大口かつ出店型アカウントという月間50件以上販売する
  契約になると、2週間~3週間で振り込まれます。

  このタームが長く感じる方もいるかもしれません。
  しかし、一般のビジネスでは月末締め翌月末払いなど
  30日~60日というのがザラです。
  それらに比べると圧倒的に短いですよね。

  またオークションであれば、更に短く、
  それこそ、「即金」です。
  落札後2,3日後には振り込まれます。

  キャッシュ・フローにやさしいビジネスです。

4.初期資金が低い

  これは考え方の転換が必要です。
  実際には自己資金はあったほうがいいです。
  でも、その時点で仕入れできる量が限られてしまいます。

  おすすめであり、物販ビジネスで一般的になっているのは
  クレジットカード仕入れです。

  クレジットカードの支払い期間は様々ありますが
  締め日翌日から次回支払日まで40日から90日あります。

  その間に販売をして資金回収することにより、
  資金を開店させることが可能です。

  そういう意味で低い初期資金でビジネスが始められます。

5.インターネット特有の専門知識が比較的必要ない

  これは2.販売する環境が整っている、に近いのですが
  販売するための手間が本当に少なくて済むように
  各販売サイトが工夫してくれています。
  よって、HTMLとかCSSとかタグとか難しい用語を
  あまり使う必要がありません。
  「あまり」というのは差別化を行う中で多少は
  HTMLの知識も必要になるので、その点を留意して
  いただければと思ったためです。

どうでしたでしょうか?
次回は物販の中の具体的にどれがいいのか
ということについて、私の見解をお知らせしたいと思います。

次回も読みたい!という方は
「読者登録」、「メルマガ登録」をお願いします!

それでは、今日も一日頑張っていきましょう!

PS
うおー、、既に2600文字オーバーで長文になってしました。
次回はもっとまとめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です