価値の提供 – せどり・転売の価値とは。

20140106_3
 
こんばんは、飯村です。

 
今日、奥さんから「久々に横浜行かない?」ってお誘いが。
 
「ごめん、行けない。またこんどお願い!」
ってなってしまったわけです。
 
理由は、仕事だからですねー
(もちろん、この穴埋めはたっぷりしますよ!)
 
ちょっと、今日はいろいろリリースする必要があり、
夕方にもミーティングがありますので、
ちょっと出かけられないわけです。
 
サラリーマンだったら、「この仕事後回し」ができて、
多少遅れても、「お給料」は毎月25日に入金されますが、
 
個人事業主である以上は、
「タイミング」や「約束」って非常に重要です。
 
本当にタイミング逃すと大きな損失を食います。
 
当たり前ですが約束を守らなければ
あっという間に信頼を失います。
 
 
サラリーマン仕事って、何かと言い訳すれば
期日をずらすことも簡単に出来てしまいますが、
事業主でそれやってしまうと
 
アウト
 
です。
 
 
でも、逆にタイミングを逃さず、約束をきちんと果たし、
価値を提供し続けると、大きく成長できる。
 
それは経済的な成長もありますが、
何より人間的に成長できるのが非常に大きい。
 
 
本当にこれからは個人で戦っていく時代に突入します。
 
 
今後2,3年に大きな経済変化が起きて、
今まで普通だと思っていた「月給」が当たり前ではなくなり、
 
そうすると、自ら価値を提供して働かなければならない。
 
 
もちろん、最大限あなたの時間を切り売りすることも
できるかもしれませんが、基本的に副業でバイトすること、
それ自身、自分の価値を下げていることに他なりません。
 
 
私には時間以外価値提供できるものがありません。
 
 
本当にそうでしょうか?
 
何度も言いますが、感度の高い人、志がある人は
既にスタートし始めています。
 
ただ、まだまだごく一部の方だけです。
 
 
最も効果が早く出やすいのは、「転売(せどり)」ですね。
 
転売って、単純に「安く仕入れて高く売る」と言われますが、
私はそうは思いません。
 
 
どういうことか。
 
 
あなたがその商品をブックオフやリサイクルショップで
仕入れて、アマゾンやヤフオクで販売しなければ、
お客様はその商品に一生出会うことなく過ごすかもしれません。
 
 
その商品が小さいころのお父さんとの思い出のアニメかもしれません。
 
または、
 
本当にそのアイドルが好きで、CDをコンプリートしたくて
店舗を回りまくっているかもしれません。
 
 
あなたが仕入れたその商品が、購入者さまにとっては
無形の価値を与えているのです。
 
単純に「差益」ということではありません。
 
 
久しぶりに日本政策金融公庫に提出した事業計画書の
提案の背景を見なおして、背筋が伸びる気持ちですね。
 
 
「インターネットが発達したとはいえ、
実際にインターネット上で購入できる商品は限られています。
商品数が限られているプレミアム商品は特にこのことが言え、
特定の店舗での偶然の出会いを待つしかないものも多数あります。
私達は足を使い、インターネットを使い、日本中、世界中から商品を調達し、
お客様の至福の時間のため、
インターネット上で全国・世界のお客様へ商品を提供いたします。」
 
 
転売とはいわば、こういう非常に価値の高いビジネスですよね。
 
改めて気を引き締めてビジネスしていきます。
 
ではまた。
今日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。
 
 
 
▼編集後記
 
 
横浜って非常にイメージいいでしょ。
実際に良い所ですよね。
 
2年くらい住んだこともあります。
憧れだったんで。
 
でも、坂がメチャクチャ多くて、
しかも、急坂が多い。
 
まじめに心肺機能と足腰が鍛えられます。
 
正直なところ、みなとみらいあたりの
平らなところに住みたいですけどね 笑

コメントは受け付けていません。