ビジネスを加速させるオススメ図書

ビジネスが忙しいと本を読む時間を削りがちですが、
それをすると成長が止まります。

忙しくても本を読む習慣を持って行きましょう。

ただ、小難しいビジネス書は読む必要はないです。

読むべきは、、、

「小説」

です。

しかも、より気持ちが盛り上がる小説がいいです。

僕のオススメは百田尚樹さんの小説です。

特にいま読んでいる「海賊とよばれた男」は
すばらしく感動しながら読んでいます。

何がいいかというと、

主人公の真っ直ぐな人柄や屈しない心、
しかも、いくつもの困難を乗り越える処世術など、
一からビジネスをやる人間にとって、
非常に気合いの入る小説です。

自分も国岡鐵造みたいに男らしくビジネスをしたいと思える、
起業家としての理想像がそこにはあります。

特にサラリーマンを真面目にやってきたり、
体育会系の人には響く内容ではないかと思います。

前も書いたかもしれませんが、小説を読むというのは、
単なる娯楽ではありません。

英雄の人生を仮想的に疑似体験できる、

つまり、

理想の事業家というものを自分の体験として、
潜在的に認識できるんですね。

で、脳っていうのは、現実とフィクションを区別できないので、
英雄的に生きた小説を読むことによって、自分の体験として、
何かを吸収して、日々の活動に活かすこともできます。

カタブツのビジネス書を読むより、100倍役に立ちます。

自分が「国岡鐵造」だったら、どうするか。

苦難に負けずに立ち向かう姿は、これから副業でも本業でも
ビジネスをしていくのであれば参考にして欲しいです。

しかも、
この「国岡鐵造」は実在の人物がモデルになっているので、
さらに身近なものとして感じてもらえると思います。

コメントは受け付けていません。