ギャグかと思いました(eコマース革命)

見ましたか?
孫正義さんのプレゼン。

正直、物販事業者にとって、これほど衝撃的な話はないですよ。

完全にターゲットを楽天に絞ってますね

内容をおさらいしてみましょう。

施策1:無料

ヤフーショッピング

  • 毎月の出店料
  • 売上ロイヤリティ(システム利用料)

まずヤフーショッピングは、基本的に業者さん用のアカウントでしたので、
初期費用21,000円、出店料毎月25,000円、ロイヤリティが売上金額の1.6%~6%かかっていました。
さらに、個人事業主へ積極的に開放する意図が見られるために、
一気にショップアカウントは増えるでしょう。

そうすると供給過剰になりますので、受給のバランスが釣り合うのに
時間がかかりそうな気がします。

ただ、チャンスであることは変わりないので、仮申込みしました!

ヤフオク

  • 毎月の出店料
  • 出品時の手数料
  • 買い手の入札

ここは出品者には魅力的な市場になりそうです。
ただでさえ、Amazon FBAに比べてコストが安いことが
ヤフオクのメリットでしたが、ショップアカウントが取得できる上、
出品時の手数料がゼロになることにより、固定費が削減できます。

楽オクとほぼ同じコスト計算になりますね。

元々ヤフオクには媒体力があるので、この施策は出品者には
本当にうれしいことです!

施策2:自由

ヤフーショッピング

  • 顧客へのメール送信:自由(無料)
  • 自社サイト送客:自由(無料)

要するにリスト取りができてしまうということ。
今まで、プラットフォームはネットショップに顧客が流出することを
恐れるがゆえに、購入者のメアドを販売者に公開していませんでした。

ここに切り込んできたわけです。
すべての商売において、顧客リストは宝です。
これがプラットフォームでとれてしまうので、耳を疑いたくなりました。

ヤフーのコミットメント(約束)

  • 摩擦係数ゼロ
  • 201X年までに国内EC流通総額No.1
  • 売り手ファースト
  • 日本の買い物を変える

うーん、ソンさんのプレゼンは面白いし、
数々のビジネスを進めてきたソンさんに期待します。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です