カメラ転売:3ヶ月で50万円以上稼げる人が多い理由

連日カメラ転売の熱いところをお伝えしていますが、
今日はなぜカメラ転売が熱いのか少し解説します。

これからカメラ転売ビジネスを始めてみようという方は
ぜひ勉強のために理解して欲しいですし、

既に実践されている方で成果があまり出ていない方は、

今一度この

ビジネスの優位性を理解して
ビジネススピードを上げて

いってくださいね。

 

基本的にこのカメラ転売ビジネスは中古品を扱う

まず、新品と中古の違いを説明しますね。

 

グレー手法が多い新品転売

新品商品の場合は、

”如何に安く仕入れるか”だけ

勝負ポイントになります。

新品商品は流通量が豊富にあるために
在庫を売りさばくためには、
ライバルより1円でも安くして売る必要があります。

なので普通にビジネスをしようとすると
”卸交渉”をメーカーや卸問屋に仕掛けて
安く仕入れるのが鉄則です。

しかし、そのためには大きな資金が必要です。

卸問屋は基本的に現金決済ですので、
数百万円という取引が必要になったりします。

基本的に個人では難しいレベルです。

そこで、巷にあふれているノウハウが、

”プレミア(になりそうなもの)を狙う”

というものです。

いわゆるボッタクリですね。

アマゾンや楽天ブックスでの予約転売。
あとはアマゾン在庫切れ商品を狙うなどがあります。

しかし、

予約転売は”プレミアになりそうなもの”

を大量に予約発注するので、
相場が想定以上に上がらない場合は
購入者都合のキャンセルをかけます。

こういう転売手法は昔からあって、
私が前職楽天の物流部門にいた時に、

楽天ブックスの幹部会議で
”ブラックリスト”(予約キャンセル常習者)
が話題になっていました。

それだけ毛嫌いされる転売者って何?
って当時思ってました。。。

稼げれば何でもいいんかな?

これは当然アマゾンや他のネットショップでも
同様のものがリスト化され、
どんどん商品が買いにくくなる状況に陥っていきます。

そもそも、商売人としてみれば、

仕入先に発注したものを自分勝手にキャンセルする

なんて取引先として失格なわけですよ。

なのでこういった手法で稼いでると言っても
商売人としてのレベルが低い人が多いです。
または商売という感覚がない人ですね。

あと、昨日言った

「中古品を新品として売る」手法。

言語道断でNGです。

ということでまとめますと、

新品商売は、

  • 資金を大量に持っている
  • グレー・ブラックでも稼げればいいと考えている方

が稼ぐことができるでしょう。

 

価値を提供する中古品販売

一方、中古品は、、、

中古品はモノによっては、

  • 生産中止されていたり
  • 製造後50年を経過していたり

限定性が高いものが多いです。

”希少価値の高いものを手に入れたい”

という欲求は誰もが持っているものです。

でも、これは”買う側の心理”です。

欲しい人はお金があれば、
その希少性が高ければ高いほどお金を払います。

 

買う側と売る側の心理的ギャップが中古の旨味

では逆に”売る側の心理”を考えてみましょう。

商品を売る人は、基本的に

  • 不要だから
  • お金が必要だから

という理由くらいしかありません。

しかも、ものに対する執着は少ないことが多いので、
売却金額はかなり低額でも手放すことが多いです。

そこの差に中古ビジネスの旨味があります。

街にリサイクルショップが点在するのも、これが理由です。

私は以前、引っ越しした際に残った不要品を
業者に引き取ってもらおうとしたら
お金(1万円)を取られたということがあったのですが、

これ、よく考えると

  • タダで商品を仕入れて、
  • しかも手数料収入を得ている

という超オイシイことをされたことを最近気づきました!

話戻りますが、

中古品ビジネスはそれだけ旨味があるのですが、
商品に絶大な信頼感があり、人気があったら、
それって、相当オイシイですよね?

それが

”中古カメラ転売ビジネス”

なんです。

伝わりましたかね?

 

【完全無料】基礎から学べるカメラ転売教材

カメラ転売のビジネスの優位性や具体的なやり方を詳しく解説しています。
これだけでしっかり実践すれば月10万円は可能です。
「実践、経験値を上げること」をひたすら積み重ねれば稼げます。
あなたが人生を切り開きたいならば、下記マニュアルを手にとって見てください。

コメントは受け付けていません。