カメラ転売『100個売ってください』の真意とは?

カメラ転売を実践されている方であれば
よく聞くフレーズだと思います。

「まずは100個売ってください」

これを一ヶ月で達成する人もいれば、
三ヶ月で達成する人もいます。

ただ、この100個という数の多さに
途中で諦めてしまう人もいるのも事実です。

結論から言えば、100個売れる人は
カメラ転売で成功する確率が高まります。

それには理由があるんですよね。

多くの指導者はこの理由を明確に説明しないために
「カメラ転売は難しい」というイメージだけ
残ってしまうんですね。

最初に言っておきますが、私は1ヶ月目74個、
2ヶ月目に150個くらい売りました。(汗)

専業だったというのもありますが、
本当にカメラ転売で成功しないと
やばかったから。

だからその後も利益は安定しましたし、
その成功体験があったからこそ、
今でもインターネットで稼ぎ続けることが
できていると思っています。

今回はあなたが
カメラ転売で100個売る理由を理解して、
脇目もふらずカメラ転売に打ち込んで
もらえれば嬉しいです。

 

すべては経験値のため

一言でいうと、これになります。

単純ですね。すべての作業スピードや品質を高めるためには
作業量をこなすことがシンプルな解決策です。

ただ、これだけだと理解できない方も多いでしょうから
それぞれの作業工程に分けて話をしていきます。

 

仕入れ(最初は全然仕入れられません)

物販の最も大事な仕入れです。

誰からカメラ転売を聞くかにもよりますが、

「簡単に」「スマホで」「1日10分で終了」

みたいに表面的には非常に簡単じゃん!
って思われるかもしれません。

しかし、それは、

カメラ転売で100個売る経験を経た上での感覚値

だということを理解してください。

最初は全然仕入れられません。

というより、商品についても知識がありませんし、
オークファンを見ても、バージョンの違いがあったり、

同じ商品でも高安値の差が大きくあり、
損したくないという気持ちから入札額を
相場以下にしてしまうことも多いです。

しかし、これでは全然仕入れられないわけです。

でも全然落ち込む必要はありません。
それが当たり前ですから。

前に進む人は、
最初は経験を積むために多少赤字が出ても

相場で仕入れて相場で売る

つもりで仕入れから販売・発送までやることです。

最初は赤字でもいいやと思って仕入れていても
段々と商品知識がつき、ラッキーもあったりして
安く仕入れられることもあります。

さらに言えば、相場で売れればいいやと思った商品も
思いの外、高値で売ることができるようになります。

そうすると、
他のバイヤーが相場を見て仕入れているところを
仕入れ値が多少高くても、自分の売値が高いことを
知っているので仕入れることができるわけです。

仕入れられる商品が増えてくると
あとは既存商品を仕入れながら、新規商品も増やしていく。

最初は、間違って高く仕入れることもあります。

しかし、仕入れ値の商品は損切りして
資金を早めに回収して次の利益を取れる商品を
仕入れていけば良いわけです。

結果的に、黒字になる商品赤字になる商品より
多くなればビジネス自体は黒字になります。

仕入れを恐れずにしていくことにより、
ビジネスが加速するイメージが掴めましたかね?

 

撮影・出品(誰もが最初は素人)

ここもカメラ機材を扱ったことがない人が多いので
苦手な分野かと思いますし、出品ページもHTMLを
使ったりするので苦労する分野です。

まずは撮影ですね。

初めて触る一眼レフカメラとストロボ。
設定値は見よう見まねでやってみますよね。

でも、最初は写真が真っ白になったり、
逆に真っ黒になったりします。

そこは先生に聞いたり、ネットで調べたりすれば
解決するので説明はしません。

それより大事なのは、キレイな写真を撮ること。

仕入れ値が安ければ、写真は厳しくキレイなモノを
撮る必要がないと言われますが、最初からハードルを
下げてしまうとせっかく取り組んでいるのに
もったいないと私は思っています。

なので、写真はキレイに撮るべしです。

ただ、最初はブレまくります。(笑)

カメラのモニターでみてもブレていれば
すぐに再撮影することもできますが、
パソコンに取り込んだ後にブレているのが
わかるとガックリきます(涙)

ただ、ここで「まあ、いいか」と思うか、
「ちゃんと撮り直そう」と思えるかで
その後のセラーとしても実力は大きく変わってきます

「まあいいか」と思う方は、撮影技術を改善しないので、
何個売っても、見栄えのしない写真で高値で売れることは
あまりありません。

しかし、「ちゃんと撮り直そう」と思える方は、
最初は大変かもしれませんが、ブレる原因を探して、
対策を立てて撮影を繰り返すので、一発でキレイな写真を
撮り切ります。

その結果、即決などで高値で売れたり、
上客の落札者と取引できる可能性も上がりますので、
追加で▲▲されたり、☓☓できたりします。
(▲▲、☓☓は教材購入者限定ノウハウなので伏せます)

私の中では、この撮影作業が一番集中力を高めます

理由は仕入れのところでも書きましたが、
売値が高くなれば、他のポンコツセラーより高くても
利益が取れる商品を仕入れられるからです。

 

あと出品作業ですが、私がカメラ転売を始めた頃は
あまり使い勝手の良くない無料ツールしかなかったので
有料ツールを使っていましたが、

今では無料でも使いやすいツールがたくさんありますので
テンプレを決めておけば、

商品名、キャッチコピー、商品説明、付属品

ということを変えていくだけですので、
本当に流れ作業になると思います。

あとは何をどの程度書くのかというのは
人それぞれですので、どの程度のコンディションを
どう書くかは経験や度胸などによりますね。

ただ、気をつけたいのは人を騙すような
出品文は長く商売をするのであれば控えましょう。

その時は相手が泣き寝入りするかもしれませんが、
後々返ってくる可能性もありますので。

 

販売・発送(トラブルって意外と起きないことが理解できます)

最後は、ヤフオクで落札されたお客様とのやり取りや発送作業です。

これは特に普通の仕事と変わりませんが、
ただ、ひとつ数こなすことによって理解できるのは、
トラブルやクレームって早々起きないということ。

起きたとしても本当に全販売数の5%以下です。

100個売って、5個難癖つけられるかどうかです。

このくらいの数値を知っておくと
自信を持ってガンガン売っていけると思います。

 

まとめ

各作業について100個やるとどうなれるか、
出来る限り自分の経験やあなたの心配を考えながら
書いてみました。

ひとつ言えることは、

100個やるかやらないか

ということです。

100個やった先の未来は、まだ数個しかやらずに
怖気づいてしまっているセラーとは、
全然違うマインドになっている可能性が高いです。

 

バカ真面目なカメラ転売マニュアルをどうぞ

2年前、カメラ転売の無料レポートが
乱発された時期があり、そのバックエンドにコンサル、
みたいなのがたくさんいました。

今ではほとんど消えましたが(汗)

まずはこのマニュアルでカメラ転売の基礎を学んでください。

なぜカメラ転売が優位なのか、具体的な仕入れや出品方法、
お客様のやり取りなど、トータル500分の動画となっています。

これだけでしっかり実践すれば月10万円は可能です。

ただ、先に行っておくとノウハウを手に入れたから稼げる
という甘いものではないですよ。

本編に書いたように

経験を積むから稼げる

ということを理解しながら学んでください。

これが重要です。

しかし、逆に、この「実践、経験値を上げること」を
ひたすら積み重ねれば稼げてしまうのがカメラ転売です。

ぜひこのノウハウを手に入れてください。

コメントは受け付けていません。