【カメラ転売・ネットビジネス】距離移動量が稼ぎを加速させるの法則

07dece7d
 
こんばんは、飯村です。
 
昨日からカメラ転売塾のイベントで名古屋に来ています。
異国の地ではないですが、今まで行ったことのない
場所に行くと感性が開くというか、いつもより直感が
鋭くなる気がします。
 
現に、午前中に名古屋で有名なカメラ屋さんに行ったら、
儲かる商品がザクザク発見できたのと、今後は月イチで
名古屋遠征を計画しようという気になりました。
 
日頃同じ場所をぐるぐる廻るだけではこの感覚はない。
 
観たことがない風景は、その情景を全力でインプットしようと
脳が働くからなのか、情報の吸収量が多くなる気がします。
 
これは本当に感覚なので何かで証明されたわけではないですが、
そういう感覚をもって活動するのと、そうでないのとでは、
活動量や得られる結果が違ってきますので、ぜひ参考に
していただければなと思います。
 
そういう意味で昨晩再度ご紹介した「ザローンチ」ですが、
まだ読んでいないという方は、あなたのビジネス感性を
開くために一読しておくことがおすすめです。
 
ローンチの裏側がわかると、今後ご自身がかけられるセールス
の意図やストーリーがわかってくるので、商材を買うことなく
多くの学びを得ることができますしね。
 
→ http://directlink.jp/tracking/af/1343818/xWfgTSh1/
※数量500冊限定
 前回数千冊が数日で完売したので早めに確保してください。
 
 
▼本題
 
導入部分と重なりますが、トップセラーの方の多くが
言っていることに
 
「移動距離と稼ぎは比例する」
 
というものがあります。
 
 
これは地方のバイヤーさんが週末東京まで足を運んで
大量にカメラを仕入れて帰られる方が多く、
その多くの人が大きく稼いでいることから生まれた
不文律の法則となっています。
 
 
私は基本的に東京に住まいがあり、東京のリアル店舗を
廻ることで仕入ができてしまっていたので、
近郊の、千葉、埼玉、神奈川にもめったに遠征はしません。
 
毎日同じ店舗と地域を回っても儲かる商品が見つかる。
 
それはそれで非常にありがたいこと。
 
 
しかしながら、それだけじゃダメだと
今回名古屋に来て強く思いました。
 
 
まず、
 
・地方には東京のようなライバルは皆無であること。
・競争が発生していないので、ゆっくりお店をリサーチできる。
・そして、儲かるものが意外にたくさんあるということ。
 
こんなことが分かりました。
 
 
やり方はいろいろあると思います。
 
1.別に効率的に東京だけで稼ぐ方法。
 →全然ありですね。
 
2.定期的に地方仕入れを企画して稼ぐ方法。
 →これは感性や人生の幅を広げることにもつながる。
 
3.各都市にパートナーを募ってカメラ転売を組織化する。
 →これは自分の中では次のステップだったりします。
 
 
2であれば、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、仙台、札幌
地方都市は結構お宝が埋もれている可能性がありますし、
観光を兼ねて仕入れするなんて、最高じゃないですか。
 
 
2,3は本気で検討していこうと思います。
 
これを読んでいるカメラ転売実践者の方も地元だけでなく、
遠出することにより感性が開き、いろいろなことを吸収し、
ひらめきなども得られる可能性もあり、
さらに、観光もできる!という遠征仕入れをしてみてください。
 
私も今後、定期的に地方都市に伺って商品を仕入れます。
また、その時は「今日は○○に来ています」というふうな
メッセージをお送りしますね。
 
 
では、本日は以上です。
 
最後までお読みいただき誠にありがとうございました。
 
 
P.S. 本日も名古屋滞在です。
あるコミュニティで物販、情報発信で頑張っている方々と
情報交換させていただきながら、感性を磨いてきたいと思います。
 
地元料理

コメントは受け付けていません。