【カメラ転売】資金調達の方法について(動画付き)

72761083ac4d65adb33ec316d5509d7d
 
こんにちは、飯村です。

 
今日は寒いながらも天気がよくって
ランニングも快調でした!
 
さて、さっきいきなりホリエモンから
Twitterでフォローされました、とメールが
来ていたのですが、、、
 
どうやら、ニセアカウントのようです。
 
本人認証されてない方だった 笑
 
んなわけねーだろ、ということで驚いた方、
すみません。。。
 
 
さて、今日は物販に欠かせない資金調達についてです。
 
これから物販ビジネスをはじめられる方にとって
「仕入れ」は最初に超えるべきハードルとなります。
 
なんせ、バンバン売った経験がないのに、
スマホやPCの販売実績だけを信じて、
5万円や10万円の商品を何個も仕入れていく
必要があるのですが、
 
これが、本当にプレッシャーなんですよね。
 
ただ、物販について覚えておかねばならないのは、
「仕入れ」がないと利益は生まれない、ということ。
 
 
仕入れた商品はある期間で売れていきます。
 
 
その売れる期間はカメラの場合は3日~7日くらいが多いです。
フィルム系の定額置きするものは1,2ヶ月持つケースもありますが、
それだけ置いても他の回転の早い商品をどんどん売って、
資金を回していけるわけです。
 
 
なので、
 
仕入れれば仕入れるほど
売れて利益が積み上がる
 
 
という構図が出来上がっているわけです。
 
 
ただ、現実的に仕入れる資金がない!という方もいます。
 
そういう方は『資金をつくる』必要があります。
 
そのための動画を撮りました。
 
 
11分半の動画ですので、すぐ見れると思います。
 
動画でも解説していますが、
サラリーマンの方は、信用力が高いので、
クレジットカード、マネーカード系をつくっておくこと
をおすすめします。
 
最終的には、銀行融資が一番有利なので、
事業計画書を書いて持っていければ、
変な信用事故がなければ大抵通ります。
 
私も日本政策金融公庫から融資を受けました。
書き方や提出資料についても、また改めて解説して共有しますね。
 
 
今日はここまで!
 
P.S. 
サトシ流カメラ転売塾のプレミアムコースの値上げが
明日の22時になっています。
念のためお知らせしておきますね。
 
 
  

コメントは受け付けていません。