【カメラ転売】資金を増やす方法

img_deposit
 
こんばんは、飯村です。

2日ほど間が空きましたが、週末はいかが過ごされていますか?
私は読書にふけってました。

「永遠のゼロ」

まだ途中ですが、いい本です。

小説はあくまでフィクションですが、良いストーリーであれば、
疑似体験ができます。

人間は現実と空想の区別がつかないと言われています。

良い小説をたくさん読むと良い疑似体験ができます。

そうすると、2倍の人生を生きているような状態になります。

どんどんご自身がバージョンアップされる感覚。

ここはビジネス書や教材では得られない部分です。

ぜひ小説や映画の名作に触れる機会を作ってくださいね。

▼本題

 
さて、以前私の動画でも資金繰りについて解説していますが、
本日はその中でも副業の方向けに資金づくりの方法を解説します。
 
 
1.クレジットカードを増やしておく
2.カードローンの契約を増やしておく
3.古物商認可を得ておく
4.会社は当分辞めずにおく
 
 
それでは参ります。
 
1.クレジットカードを増やしておく
比較的クレジットカードは作りやすい部類かと思います。
クレジットカードは例え限度額10万円くらいでも、
作ってあれば、半年ごとに増額検討してもらえるので、
ぜひ持っておきたいところです。
 
カードを作る際は、五月雨に申し込みをするのではなく、
一気に一日で数件するようにしてください。
 
カードを申し込むと、信用情報機関に申し込み履歴が
掲載されますので、連日申し込み履歴があると、
基本的に訳有と判断されて、承認されない可能性があがります。
 
ですので、申し込みは数件(目安は5件くらい)を一日でやります。
 
で、一旦信用情報機関に掲載されると2ヶ月は掲載されますので、
その情報が消えるまで申し込みは控えるようにします。
 
そして、再度数件の申し込みをする。
というサイクルでカード枚数を増やしていってください。
 
クレジットカードは使えば使うほどポイントが貯まるという
大きなメリットがありますが、基本的に一括返済となるため、
資金回収をうまくやる必要があります。
 
 
2.カードローンの契約を増やしておく
 
使う使わないは置いておいて、カードローンは独立してしまうと
ほぼ作ることが難しくなってしまいますので、できれば従業員である内に
作っておきましょう。
 
基本は、銀行系の利率が低いものを用意することが良いですが、
消費者金融系でも構いません。
 
どちらにしても、「物販、仕入れ」に利用することが目的なので
利率以上に利益を出すことができれば借りる価値があります。
 
やり方は1のクレジットカードと同じです。
 
五月雨に申し込まずに、一気に申し込みます。
 
特にアベノミクスの影響で融資基準が下がっている可能性がありますので、
ぜひチャレンジしてみてください。
 
3.古物商認可を得ておく
 
銀行から融資を引き出すときに必要となります。
できれば開業届も出しておいてください。
 
ビジネスをしているのに、中古商品を売っているのに、
古物商認可を取っていない期間が長いと、
金融機関の評価が下がる可能性があります。
 
私が実際に銀行の担当者から言われたことなので
ナマの声です。
 
なので、今既に中古商品を買い取り・販売している場合には
今のうちに手続きをしておきましょう。
 
いろいろと書類を集める必要があるんで、会社員の方は
有給をとってまとめてやっちゃうことをおすすめします。
 
 
4.会社は当分辞めずにおく
 
ここの意味は2つあります。
一つ目、まず事業をしっかりと軌道にのせてください。
副業の内に。
十分に稼げていないうちにやめてしまうと
目に見えないプレッシャーに苦しむことになります。
 
会社員としての保証があるうちに、がっつり稼いでおく。
継続して稼ぎ続けることができる実績と確認を得たら、
独立するようにしたほうがいいですね。
 
2つ目、銀行融資はやはり「会社員」のほうが有利。
これも銀行の方に言われたのですが、返済のバックボーンが
あったほうが比較的審査が有利に進むということです。
 
 
 
よって、私の会社をやめる推奨タイミングは
 
ビジネスが軌道に乗って、銀行融資まで取り付けた時
 
ですね。
 
もちろん、覚悟のある方はこの限りではありませんが。
 
 
話がすり替わってしまいましたが、今回は「資金を増やす方法」です。
 
ぜひ参考にしてみてください。
 
 
本日も最後までお読みいただきありがとうございます!
ではまた。

コメントは受け付けていません。